【野球データ女子】WHIPで分かる!どれだけの走者を許したか知ろう!【投手指標】

SABRmetrics

こんにちは!小夏(@572nacchan)です!

今回は投手の成績評価・指標のひとつである、WHIPをご紹介させていただきます!

広告

WHIPとは

WHIPとは、Walks plus Hits per Inning Pitchedの略です。
これを意訳すると、『投球回あたりの与四球と被安打』となります。
つまり、1イニングあたり何人の走者を出したか、を表す数値です!

ちなみに、ウィップと読みます。

計算方法

計算方法はとっても簡単!
ズバリ、言葉の意味をそのまま式にしてしまえばいいのです!

計算式
WHIP=(与四球数+被安打数)/投球回数

それぞれの成績はNPB公式サイトにも掲載されてますし、少年野球などでもスコアブックを見ればすぐに計算できますよね😁

【追記】
投球回が○回と1/3or2/3の場合は○.333(1/3)or○.666で計算してください。
【追記終了】

WHIP1.00未満ならエース!?数字の見方は?

一般的に言われている、WHIPの評価基準をご紹介いたします。

WHIP評価
1.00以下S(非常に素晴らしい。球界のエース級)
1.10A(非常に良い。)
1.25B(平均以上)
1.32C(平均)
1.40D(平均以下)
1.50E(悪い)
1.60以上F(非常に悪い)

大体1.30あたりをボーダーに覚えていればOKです!

よく分からない方には「すごい微々たる差じゃん!」と思われたかもしれませんが、あくまでもこの数字は1イニングでの数値です。
例えば、WHIP1.00の投手が9回まで投げたら9人ランナーが出たことになり、WHIP1.60の投手が9回まで投げたら14.4人ランナーが出たことになります。
つまり5.4人も差があることになります!ヒットや四球が5.4も差がある、と思うと微々たる差でも大きな差ですよね!

WHIPの弱点。長打も単打も四球も同じ価値なのか

WHIPでは長打(二塁打・三塁打・本塁打)も単打・四球と同じように扱われます。
みなさんは、長打を打たれることと単打を打たれる・四球を与えること、同じ価値だと思いますか?

極端な例を出すと、

被安打与四球投球回WHIP
投手A5
(全て単打とする)
5101.00
投手B10
(全て二塁打とする)
0101.00
投手C10
(全て本塁打とする)
0101.00
投手D010101.00

上の表の4人の投手のWHIPは全て1.00ですが、このように投球の内容としては全く違うことがあります。
投手Cなんか他の3人の投手に比べて、確実に10失点しているにも関わらず(防御率でいえば9.00)WHIPは同じですからね!結構図々しいですね!笑

と、WHIPが優秀にも関わらず、その評価とはそぐわない成績を残す投手も現れます。
またWHIPは、投手のみならず味方の守備や運の要素などから影響を受けることもあります。
WHIPのみではその投手の投球内容を適切に表現できないのです。

ただし、他の成績と組み合わせて見ることでどんな投球内容だったのかを見ることができることもあります!
WHIPだけにこだわらず、色んな成績を見ていきたいですね!

小夏的WHIP活用例

実際に私個人的に!笑 WHIPを参考にしたい場面をご紹介しますね♪

単純に1イニングにどれだけの走者を許しているのかを見たいとき

全ての場合ではないですが、WHIPが高い=ランナーを許しやすいと、ピンチに陥りやすい、ともいえます。
私はWHIPは走者を許しやすい、つまりピンチを招きやすい度合いでもあるかな、と思っています。
簡単にパッと計算できますし、私は結構好きな指標のひとつだったりします♪

防御率と一緒に見てみる

防御率は、その投手が9イニング投げた場合、どれだけの自責点を取られるか、の平均です。
WHIPは高いけど防御率が良ければ、出したランナーを返させない、ともいえますよね!
逆にWHIPは低いけど防御率が悪いなら、ホームランなどでの失点が多いのかな、と考えることもできるでしょう。

さらに、WHIPを×9イニングすると、9イニングでどれだけの走者を許したかを出すことができます。
例えば、WHIP×9=13.14、防御率=2.98なら、その投手が9回投げた場合、背負ったランナー13.14人のうち、2.98人はホームインするだろう、という風に考えられるのです。

【追記】
ちなみに、自責点/(与四球数+被安打数)で出したランナーとホームに帰ってきたランナーの割合を出せます。
ただし、こちらもホームランによる自責点及び被本塁打数が含まれる点に注意。
【追記終了】

WHIPに限りませんが、このように他の成績と組み合わせてみるなど、工夫すれば色々な見方ができるのが楽しい部分だと私は思ってます😁

他にも「この数字と見ると面白いよ!」というものがあればぜひ教えてください✨

残塁率を表す指標もあります

LOB%(Left On Base Percentage)という、投手が出した走者のうち、塁上に残った走者の割合を示す指標があります。
これにはWHIPと違って死球(デットボール)も含まれます。
また機会があればご紹介したいと思います。

WHIPまとめ

今回は投手指標のひとつ『WHIP』をご紹介しました!

  • WHIPは、Walks plus Hits per Inning Pitchedの略で『投球回あたりの与四球と被安打』1イニングあたり何人の走者を出したかを表し、ウィップと読む。
  • およそ1.30あたりが平均で、それ以下なら良い、それ以上なら悪い。

  • WHIPにおいて長打も単打も四球も同じ価値として扱う点に注意。

これであなたもWHIPマスター!

次回は打者指標のひとつ『OPS』をご紹介します!

次回は打者の評価指標のひとつである『OPS』をご紹介します!
こちらもメジャーどころなので耳にされたことのある方も多いのではないでしょうか😁

それでは、また次回お会いしましょう!

まとめ記事はこちらから!

【野球データ女子】SABRmetrics(セイバーメトリクス)【まとめ記事】
SABRmetrics(セイバーメトリクス)についてのまとめ記事です!随時更新中!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
SABRmetrics
広告
フォローしていただければブログ更新情報を見逃しませんよ!
TOKONATSUDAYS-とこなつデイズ-

コメント